メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

湯川豊・評 『音楽ってなんだろう? 知れば知るほど楽しくなる』=池辺晋一郎・著

 (平凡社・1540円)

音と人の関係 自由に語りつくす

 音楽ってなんだろう? 人を緊張させる設問だなあ、と思いながらページをめくってゆくと、作曲家・池辺晋一郎氏ののびやかで軽快な話しぶりが聞こえてきて、なぜか一安心。安心しながら、エッセイ風な、といったらいいか、自由な話しぶりに乗せられてゆく。

 話の聞き手(編集者)との、気の合い方がいい、ということもある。

 「音が鳴り、空気を震(ふる)わせ、伝播(でんぱ)し、人の耳に入る--このとき『音楽が存在しうる』のだと思います」と池辺氏がいうと、聞き手が「だったら宇宙にも音楽があるの?」と飛躍する。「空気がないと音楽は鳴りません。(中略)だから宇宙はきっと無音でしょう」と池辺氏。名答だなあ、と笑ってしまう。

この記事は有料記事です。

残り1076文字(全文1403文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです