特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚・この3冊

フェミニズム 山内マリコ・選

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <1>舌を抜かれる女たち(メアリー・ビアード著、宮﨑真紀訳/晶文社/1760円)

 <2>「姐御(あねご)」の文化史 幕末から近代まで教科書が教えない女性史(伊藤春奈著/DU BOOKS/2420円)

 <3>愛という名の支配(田嶋陽子著/新潮文庫/649円)

 「西欧世界の女性はとても恵まれています」という書き出しではじまる<1>。たしかに著者の出身地イギリスは、エリザベス女王やテリーザ・メイ前首相など、女性が国を統治する立場に就ける国だ。しかし本書を読み進めると、西欧とて女性蔑視は、文化に根深く染み付いていることがわかる。

 なにしろ古代ギリシャの叙事詩『オデュッセイア』の冒頭からして、「女は黙ってろ」と言わんばかり。主人公の妻ペネロペイアは人々の前で発言するや否や、実の息子に言葉を遮られ、人前で話をするのは男の仕事だと追い払われてしまう。約3000年前から一事が万事この調子だったことが、著者の専門分野である古典学をとおして紐解(ひもと)かれていく。いかに女性が公的な発言を封じられ、権力から切り離されてきたか。「私た…

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文1148文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集