メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『キネマ/新聞/カフェー 大部屋俳優・斎藤雷太郎と「土曜日」の時代』=中村勝・著、井上史・編

 (ヘウレーカ・2750円)

 都市で多い通勤通学手段は、東京や大阪は電車、多くの地方都市で自家用車。京都だけは、自転車が極端に多いとか。そんなサイズに分厚い知的伝統を蓄積する都市で、1936年から1年4カ月刊行された「伝説」の「反ファシズム」週刊新聞が、『土曜日』だ。その仕掛け人、斎藤雷太郎の伝記である。

 京都が多くの撮影所を擁した時代。大部屋俳優が左翼運動と接点を持ち、独自の媒体づくりに乗り出す。そこに自由主義的な知識人らが加わり、週刊新聞の誕生となる。庶民を対象とした平易な文章。喫茶店に置いてもらい読者を増やした。文化評論や投稿の充実した紙面は、京都中の評判に。黒字経営で、副題は「憩いと想いの午後」。声高に反戦を叫ぶより、検閲に抵触しないよう注意を払った。いわば、『土曜日』を巡る「コミュニティ…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. ORICON NEWS 『バイオハザード』新作アニメ制作決定、Netflixで来年配信 フル3DCGで初の連続CGドラマ化

  3. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  4. アゼルバイジャンとアルメニアが軍事衝突 双方に民間人を含む死傷者

  5. 新型コロナ、感染しやすさに地域・民族差なし 遺伝子レベル分析 北大研究チーム

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです