特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚・新刊

『キネマ/新聞/カフェー 大部屋俳優・斎藤雷太郎と「土曜日」の時代』=中村勝・著、井上史・編

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 (ヘウレーカ・2750円)

 都市で多い通勤通学手段は、東京や大阪は電車、多くの地方都市で自家用車。京都だけは、自転車が極端に多いとか。そんなサイズに分厚い知的伝統を蓄積する都市で、1936年から1年4カ月刊行された「伝説」の「反ファシズム」週刊新聞が、『土曜日』だ。その仕掛け人、斎藤雷太郎の伝記である。

 京都が多くの撮影所を擁した時代。大部屋俳優が左翼運動と接点を持ち、独自の媒体づくりに乗り出す。そこに自由主義的な知識人らが加わり、週刊新聞の誕生となる。庶民を対象とした平易な文章。喫茶店に置いてもらい読者を増やした。文化評論や投稿の充実した紙面は、京都中の評判に。黒字経営で、副題は「憩いと想いの午後」。声高に反戦を叫ぶより、検閲に抵触しないよう注意を払った。いわば、『土曜日』を巡る「コミュニティ…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文488文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集