メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

内田麻理香・評 『死を招くファッション 服飾と…』=アリソン・マシューズ・デーヴィッド著、安部恵子・訳

 (化学同人・3850円)

 本来、衣服は人間の身体を守るためのものだ。しかし、細菌が潜んでいたり、猛毒が含まれていたり、火が燃え移ったりなどの理由で、衣服は私たちを死に至らしめることがある。本書は、一九世紀から二〇世紀半ばの「死を招くファッション」の事例を取り上げた上で、ファッションの犠牲者は今もなお存在していることを示す。

 ファッションは抗(あらが)えない強い力を持ち、人間は歴史を通じてその殉教者であり続けた。動きやすさや実用性よりも、「ファッショナブル」な衣服の魅力が勝る場合だけではない。その社会にとって適切であるという理由で、特定のファッションが選ばれる場合もある。この風潮は、男性にとってのスーツ、女性にとってのハイヒールというように、現在も続いている。

この記事は有料記事です。

残り1109文字(全文1443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. クックパッドニュース 一房買っても安心!覚えておくと便利な「バナナの保存法」

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです