メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

藻谷浩介・評 『政権交代が必要なのは、総理が嫌いだからじゃない』=田中信一郎・著

 (現代書館・1870円)

 最初に、掲題書の唯一最大の難点を指摘せねばならない。『政権交代が必要なのは……』という書名が、本の中身を示していないのだ。

 政治スローガンとしては悪くはない。論理的な政権批判を、「総理が嫌いなのだろう」と感情論として片付けようとする者がいることは確かだし、「人間はみな好き嫌いで動いている/好き嫌いで動いて良い」という、彼らの人生観には虫唾(むしず)が走る。だが書名の与える印象に反し、この本は「安倍晋三政権の退陣を求める本」ではない。いみじくも本書で、著者は以下のようなことを述べる。「政権を交代させれば、あとは何とかなるという考え方は、エリート主義、パターナリズムであり、それこそが乗り越えなければならない壁です。政治を変えるだけでは社会は変わりません」と。評者もその通りだと思う。

 ではこの本には何が書かれているのか。「なぜ今の日本政治は人口減少、経済成熟、気候変動に対応できないのか。それらに対応するにはどうしなければならないのか」という問いに対する、冷静な分析であり、そしてたいへんに多くの具体的な政策提言だ。つまりは本書の副題「私たちが人口減少、経済成熟、気候変動に対応するために」が本題というわけである。

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  2. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 特集ワイド 首相、答えよ 田中真紀子元文科相×村上誠一郎元行革相 すり替え、安倍さんを踏襲/異論封じ込め「恐怖政治」に

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです