障害児との学び、意思疎通力養う 大阪・豊中でシンポ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
第18回インクルーシブ教育を考えるシンポジウムで討論するパネリストら=大阪府豊中市で2020年2月8日午後3時52分、加古信志撮影
第18回インクルーシブ教育を考えるシンポジウムで討論するパネリストら=大阪府豊中市で2020年2月8日午後3時52分、加古信志撮影

 障害のある子が地域の普通学級で障害のない子と共に学ぶ意義を考える「第18回インクルーシブ教育を考えるシンポジウム」(毎日新聞社、大阪府豊中市教職員組合主催)が8日、豊中市立大池小学校体育館で開かれ、約200人が参加した=写真・加古信志撮影。

 大阪経済法科大で、障害のある子の教育環境について研究して…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文376文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集