メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

ハスラーズ 「夜の女=弱者」という固定観念を爽快に打破

 ストリップ。お客の前で身につけた衣類をひとつひとつ取り去ってゆく、ちょっと艶(なま)めかしいショーのことですね。この映画は、ストリッパーの女性が仲間を組んで、お客からお金を巻き上げるというお話。そして、最初から最後まで、女性が主体なんです。

 主人公は、アジア系の女性、デスティニー。お店に入ったばかりのデスティニーが憧れるのが、ラモーナです。ポールに体を結わえ付けた優美なダンシングがカッコよくて、その体から目を離せない男たちをからかい、操り、カモにしてしまう。ラモーナもデスティニーを妹のようにかわいがり、ダンサーの基礎を教えます。

 バブルのころにはお金になったんですが、バブルが破綻するとお客が来ない。そこでデスティニーとラモーナは仲間のストリッパーとともに、魚を釣るようにお客を集めはじめます。ゆとりのありそうな男をバーで物色し、ほどよいころに友だちとか妹などという触れ込みで仲間を送り込み、みんな一緒になんて言ってストリップのお店に連れて行っちゃうんです。

この記事は有料記事です。

残り1212文字(全文1645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  3. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  4. 萩生田文科相「臨時休校の期間や方法、学校設置者で工夫を」 新型肺炎

  5. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです