メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つながる!道の駅旅案内

大阪・愛彩ランド 「泉州水なす」など多彩な野菜・果物

道の駅の外観

 <ZENRIN>

 特許庁の地域団体商標に登録された特産品をもつ「道の駅」として「山岡細寒天」の「おばあちゃん市・山岡」(岐阜県恵那市)に続き、「泉州水なす」が名産の大阪府岸和田市の「愛彩ランド」を紹介します。

 泉州水なすは同市を含む大阪南部の泉州地域が主産地です。温暖な気候と根を張りやすい砂地の土壌、生育に必要な水を安定して供給するため池など、難しいとされる水なすの栽培に適した条件がそろっています。「JAいずみの」が2011年に農産物直売所をオープンしたのと同時に、道の駅に登録されました。

 水なすの形状は巾着形で皮が柔らかく、その名の通り水分をたっぷり含んでいるのが特徴です。浅漬けなど漬物に加工すると本来の甘みやジューシーさが引き立ちます。露地物の旬は5~11月ですが、ビニールハウス栽培も盛んで通年出荷されます。

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  2. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  3. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

  4. 霞が関OBもカンカン…検事長の定年延長 語られぬ「条文第2項」の衝撃

  5. 確定申告の期間延長へ 政府 申告集中避ける狙い 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです