メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アニメ1週間

「宇宙戦艦ヤマト2205」は「短期決戦」 “2019年最も愛されたアニメ”に「うたプリ」(MANTAN WEB)

「東京アニメアワードフェスティバル2020」のアニメ オブ ザ イヤー部門のアニメファン賞を受賞した「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム」 (C)UTA☆PRI-MOVIE PROJECT

[PR]

 1週間のアニメのニュースをまとめて紹介する「アニメ1週間」。今回(2月2~8日)は、「宇宙戦艦ヤマト」シリーズの新作の情報が発表されたニュースや「東京アニメアワードフェスティバル2020(TAAF2020)の「アニメ オブ ザ イヤー部門」が発表された話題などが注目された。

 2月2日、つくしあきひとさんのマンガが原作のアニメ「メイドインアビス」の劇場版「メイドインアビス 深き魂の黎明」(小島正幸監督)の4DX、MX4D版が2月28日から上映されることが分かった。4DX、MX4D版の劇場のみの入場者プレゼントとして小冊子のスタッフ本(仮)をプレゼントする。

 3日、人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」シリーズの「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」のイベント「『宇宙戦艦ヤマト2202』コンサート2019 Blu-ray 発売記念!愛のフィルムコンサート」が新宿ピカデリー(東京都新宿区)で開催され、シリーズ構成の福井晴敏さんが登場。福井さんは「2202」に続く「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」について「今回は短期決戦です。なぜかは想像してみてください」と明かし、公開時期を「ネクストウィンターです」と発表した。

 3日、ウェブサービス「ドラドラしゃーぷ#」で連載中のマンガ「宇崎ちゃんは遊びたい」がテレビアニメ化され、7月から放送されることが分かった。三浦和也さんが監督を務め、ENGIが制作する。大空直美さんが宇崎花、赤羽根健治さんが桜井真一の声優を務めるほか、竹達彩奈さん、高木朋弥さんが声優として出演することも発表された。

 5日、近未来を舞台に人間とAI(人工知能)との結婚生活を描く原田まりるさんの小説「ぴぷる」がWOWOWで連続ドラマ化され、声優の梶裕貴さんが主演を務めることが明らかになった。梶さんが実写連続ドラマで主演を務めるのは今回が初めてで、人型AIと結婚することを選んだサラリーマンの摘木(つみき)健一を演じる。ドラマのタイトルは「ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~」で、WOWOWプライムで5月にスタート。

 5日、タツノコプロのアニメ「ハクション大魔王」の新作「ハクション大魔王2020」が、4月11日から読売テレビ・日本テレビ系(一部地域を除く)で放送されることが明らかになった。1969~70年に放送された前作から約50年ぶりの新作となる。新作は、現代の東京が舞台で、ハクション大魔王の娘であるアクビが主人公となる。

 6日、劇作家の藤沢文翁さんが手掛けるオリジナル音楽朗読劇「MARS RED」が、2021年にテレビアニメ化されることが分かった。人気マンガ「曇天に笑う」の作者・唐々煙(からからけむり)さんがキャラクター原案を担当。アニメ化だけでなく、さまざまなメディアミックス展開を予定している。

 6日、国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2020(TAAF2020)」(同実行委員会・日本動画協会主催)の「アニメ オブ ザ イヤー部門」が発表され、人気アニメ「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE」(うたプリ)シリーズの劇場版アニメ「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム」(古田丈司総監督)が、一般投票で選ばれるアニメファン賞を受賞した。アニメファン賞は、投票の結果、「2019年最も愛された作品」に贈られる。総得票数55万1491票のうち、6万1551票を獲得した。

 6日、人気アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」の「Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow」が2月12日にTOKYO MX、BS11ほかで放送されることが分かった。2018年に劇場公開されたエピソードで、地上派で放送されるのは初めて。

 7日、韓国の人気ウェブマンガ「神之塔」がテレビアニメ化されることが明らかになった。アニメのタイトルは「神之塔 -Tower of God-」で今春に放送される。

情報提供:MANTAN WEB

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  4. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです