メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸市教委係長が自殺 教諭いじめ問題で会議運営などを担当 超過勤務も

神戸市教育委員会=神戸市中央区で、反橋希美撮影

 9日午前6時15分ごろ、兵庫県芦屋市陽光町の橋の上から男性が飛び降りるのを、県警芦屋署員が発見した。男性は全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。自殺とみられる。署と神戸市教育委員会によると、亡くなったのは市教委事務局総務部総務課の担当係長(39)=芦屋市=で、2019年10月に発覚した神戸市立東須磨小の教諭いじめ問題に対応していた。

 芦屋署によると、同日午前4時10分ごろ、男性の妻から「置き手紙があり、夫がいなくなった」と110番があった。捜索中の署員が現場付近で男性を見つけて声をかけた後、男性は約10メートル走った後に高さ1・1メートルの欄干を乗り越え、橋から飛び降り、約25メートル下の公園に落ちたという。置き手紙には自殺をほのめかす内容が書いてあったという。

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. 瀬戸康史さんと山本美月さん結婚発表 インスタで「お互いに大切な存在」

  5. 朝鮮人追悼式 小池都知事、今年も追悼文を出さない意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです