メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸市教委係長が自殺 教諭いじめ問題で会議運営などを担当 超過勤務も

神戸市教育委員会=神戸市中央区で、反橋希美撮影

 9日午前6時15分ごろ、兵庫県芦屋市陽光町の橋の上から男性が飛び降りるのを、県警芦屋署員が発見した。男性は全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。自殺とみられる。署と神戸市教育委員会によると、亡くなったのは市教委事務局総務部総務課の担当係長(39)=芦屋市=で、2019年10月に発覚した神戸市立東須磨小の教諭いじめ問題に対応していた。

 芦屋署によると、同日午前4時10分ごろ、男性の妻から「置き手紙があり、夫がいなくなった」と110番があった。捜索中の署員が現場付近で男性を見つけて声をかけた後、男性は約10メートル走った後に高さ1・1メートルの欄干を乗り越え、橋から飛び降り、約25メートル下の公園に落ちたという。置き手紙には自殺をほのめかす内容が書いてあったという。

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 永和商事ウイング快勝 スクールパートナーは敗退 都市対抗東海2次

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです