メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「浜名湖のり」が地域団体商標に登録 「養殖200周年の節目に世界へ広めたい」

「浜名湖のり」の地域団体商標登録を喜ぶ浜名漁協の河合和弘組合長(右)と遠州食品加工業協同組合の岡安俊成組合長=浜松市役所で2020年2月7日午後4時18分、福沢光一撮影

[PR]

 静岡県の浜名湖で養殖した「浜名湖のり」が、特許庁が地域ブランド保護などを目的に創設した地域団体商標に登録された。出願した浜名漁協の河合和弘組合長(68)と、遠州食品加工業協同組合の岡安俊成組合長(57)が7日、浜松市役所で記者会見し、「今年が養殖200周年。登録は浜名湖全体の水産振興につながる。浜名湖のりの発信を世界へ強めていきたい」と喜びを語った。

 出願は2018年8月で、登録は1月30日付。浜名湖のりの大半は、生ノリとして流通する「青ノリ」で、磯の香りや味わい、滑らかな舌触り、鮮やかな色合いが特徴。現在48軒が年間500トン前後(生ノリ換算)の生産量を上げている。

 06年に創設された地域団体商標には、浜名湖うなぎ、掛川茶、三ケ日みかんなどが登録されており、浜名湖のりは県内25件目という。09年4月に浜松市中心の食品加工業者二十数社でつくる「浜名湖のりブランド推進協議会」が発足し、浜名湖のりを盛り上げてきた。【福沢光一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです