メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「家族3代五輪」金戸家の夢はパリに持ち越し 飛び込み

女子3メートル板飛び込み決勝で4位となり父の金戸恵太さん(右)の隣で泣く金戸凜=東京辰巳国際水泳場で2020年2月9日、宮武祐希撮影

 「家族3代」の夢は4年後のパリ五輪へ持ち越しとなった。飛び込みの東京五輪最終予選を兼ねるワールドカップ(W杯)の代表選考会最終日は9日、東京辰巳国際水泳場で行われ、祖父母、両親が五輪出場経験を持つ金戸3きょうだいが出場。女子板飛び込みでは次女の金戸凜(16)=セントラルスポーツ=が4位、長女の金戸華(21)=同=は9位。男子高飛び込み決勝に出場した金戸快(18)は11位で終え、いずれも上位2位以内が条件となるW杯出場が絶望的となった。

 予選2位、準決勝4位で通過して期待を集めた凜は決勝後、泣き崩れた。本来は高さ10メートルからの高飛び込み専門だが、昨夏の世界選手権で右肩を負傷。コーチで父の恵太さん(52)から「まだ若いし、先がある」と説得され、体への負担が少ない高さ3メートルからの板飛び込みに専念すると決めた。ただ、準備不足は否めない。固定した台から飛び込む高飛び込みと違い、弾力性のある板飛び込みは踏み切る力が求められる。身長…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文870文字)

村上正

毎日新聞東京本社運動部。1984年、神戸市生まれ。2007年入社。舞鶴支局、神戸支局を経て、大阪本社社会部では府警などを担当。東京運動部では17年4月から水泳やサーフィンを担当。16年リオデジャネイロ五輪を取材した感動から、長女に「リオ」と命名した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  2. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 「子供のマスクは手作りを」 学校再開に向け文科省が呼びかけ

  5. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです