メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リオ代表・田中が涙のラストラン「幸せな21キロだった」 実業団ハーフ

全日本実業団ハーフマラソンで現役最後のレースを終え、花束を手に笑顔を見せる(左から)田中智美と山下佐知子監督、出水田真紀=山口市の維新みらいふスタジアムで2020年2月9日午前11時18分、野村和史撮影

 2016年リオデジャネイロ五輪マラソン女子代表の田中智美(第一生命グループ)が9日、全日本実業団ハーフマラソン(山口市)で現役最後のレースを走った。

 田中智は、首位から2分35秒遅れて1時間11分47秒の18位でフィニッシュ。駆けつけた社員や親族の前で「たくさんの人にラストランを見てもらって引退し…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文359文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. センバツ21世紀枠候補 富山北部・水橋 ユニホーム別でも…連合チーム、思いは一つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです