メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

都心を低空飛行する羽田新ルート 「世界一着陸難しい空港に」

爆音を響かせながら羽田空港の新しい飛行ルートを飛ぶ旅客機。近くの高層住宅から間近に見える=品川区八潮で2020年2月2日、中澤雄大撮影

 事故が起きたらどうするのか。3月末に運用が本格化する東京・羽田空港の都心低空飛行問題である。国は<国際競争力の強化やより多くの訪日外国人旅行者の受け入れ等のため>に、航空関係者が懸念する「愚策」を強行、国民生活に暗い機体の影を落とそうとしている。時に科学技術が危険な陥穽(かんせい)にはまることを忘れてはいけない。【中澤雄大】

 「国土交通省航空局が『羽田空港のこれから』というパンフレットを作り、ネットでも読めます。航空局の考える問題が全部書かれているが、良いことばかりで注意事項もない。バラ色のパンフレットです。何の不安もないかのようですが、事実と違うことが多いのです」

この記事は有料記事です。

残り2493文字(全文2780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです