メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポ

アート×人類学 考えるシンポ 異なるもの、共存の可能性 ベネチア・ビエンナーレ日本館主題に

 近年注目されているアートと人類学の接近について、2019年のベネチア・ビエンナーレ日本館の展示から考えるシンポジウムが1月、国立国際美術館(大阪市北区)で開かれた。日本館代表作家4人のうち美術家の下道基行さん、人類学者の石倉敏明さんが登壇し、作品や制作過程などを紹介。学芸員らも交え、アートと人類学の交点とその可能性について議論した。【清水有香】

 地域や領域を横断する民族芸術学会の主催。日本館の展示「Cosmo―Eggs/宇宙の卵」は美術家、建築家、音楽家、人類学者という異なる分野の4人の“協働”制作として話題を集めた。自動演奏による複数のリコーダーの音が響く建物内に、地震で海底から運ばれた「津波石」を映した四つのスクリーンを配置。壁面には世界の始まりを伝える「卵生神話」が刻まれ、来館者はオレンジ色の円形バルーンに座りながら鑑賞する仕掛け…

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1476文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです