メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポ

アート×人類学 考えるシンポ 異なるもの、共存の可能性 ベネチア・ビエンナーレ日本館主題に

 近年注目されているアートと人類学の接近について、2019年のベネチア・ビエンナーレ日本館の展示から考えるシンポジウムが1月、国立国際美術館(大阪市北区)で開かれた。日本館代表作家4人のうち美術家の下道基行さん、人類学者の石倉敏明さんが登壇し、作品や制作過程などを紹介。学芸員らも交え、アートと人類学の交点とその可能性について議論した。【清水有香】

 地域や領域を横断する民族芸術学会の主催。日本館の展示「Cosmo―Eggs/宇宙の卵」は美術家、建築家、音楽家、人類学者という異なる分野の4人の“協働”制作として話題を集めた。自動演奏による複数のリコーダーの音が響く建物内に、地震で海底から運ばれた「津波石」を映した四つのスクリーンを配置。壁面には世界の始まりを伝える「卵生神話」が刻まれ、来館者はオレンジ色の円形バルーンに座りながら鑑賞する仕掛け…

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1476文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ずっと失業者かも…」 新型コロナで求人減少と面接会中止 離職者に逆風

  2. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです