メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋元議員保釈決定 野党、証人喚問や辞職勧告決議案も 与党は慎重な姿勢

秋元司被告=川田雅浩撮影

 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業への参入を巡る汚職事件で、収賄罪で起訴された秋元司衆院議員の保釈を認める東京地裁の決定が10日出された。秋元議員は国会に出席する意向を示しているとされる。野党からは証人喚問や議員辞職勧告決議案の提出を求める声が上がるが、与党は慎重に対応する構えだ。

 秋元議員は逮捕後に自民党を離党したが、特別会員として二階派に籍を置いている。勾留中には、立法に関する調査研究のために支給される「立法事務費」も申請した。二階俊博幹事長は10日の記者会見で「本人も無罪を主張している。我々は本人の主張を信頼し、晴れてそういう…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  2. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  5. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです