「検察官には定年適用せず」と政府が当時答弁、森法相は知らず 高検検事長の定年延長問題

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 森雅子法相は10日の衆院予算委員会で、黒川弘務・東京高検検事長の定年を国家公務員法に基づき半年間延長した閣議決定について、違法性がないとの認識を示した。定年制が盛り込まれた国家公務員法改正案を議論した当時、政府側が「検察官は適用されない」と答弁していたと指摘され、「(該当する)議事録の詳細を読んでいない」と述べたが、検察官の定年延長は「(検察庁…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

あわせて読みたい

注目の特集