全世代型社会保障 政策PR目的の会議設置へ 「クイズ王」ら委員、賛否呼ぶ可能性

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
首相官邸=東京都千代田区で2019年5月1日午前10時27分、川田雅浩撮影
首相官邸=東京都千代田区で2019年5月1日午前10時27分、川田雅浩撮影

 政府は看板政策として掲げる全世代型社会保障改革への理解を促すため、この分野に特化した広報戦略会議を今月下旬、首相官邸に設置する。委員は民間から約10人を招き、半数は20~40代の若手となる見通し。子育て世代への支援を強化する改革を、ソーシャルメディアを活用して主に若者向けに発信してもらう狙いがある。ただし改革には高齢者の負担増など痛みを伴う施策も含まれるため、政策議論でなく政府見解の「正確」な広報に特化する会議には賛否もありそうだ。

 政府関係者によると、新設するのは「全世代型社会保障推進のための広報戦略会議」。若者への発信を強化するため、無料通信アプリを手がける「LINE(ライン)」や広告代理店「博報堂」の広報戦略の専門家、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)での炎上対策に詳しい田代光輝・慶応大特任准教授、「クイズ王」としてテレビやインターネットで活躍する伊沢拓司氏らを委員に起用する。議長には秋葉賢也首相補佐官が…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文684文字)

あわせて読みたい

注目の特集