メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

損保大手MS&AD 原氏が社長昇格へ 柄沢社長は代表権ない会長に

MS&ADインシュアランスグループホールディングスの社長に就任する、三井住友海上火災保険社長の原典之取締役=同ホールディングス提供

[PR]

 損害保険大手のMS&ADインシュアランスグループホールディングス(HD)は10日、原典之取締役(64)=三井住友海上火災保険社長=が社長に昇格する人事を固めた。柄沢康喜社長(69)は代表権のない会長に就き、鈴木久仁会長(69)は退任する。

 損保業界は災害多発による保険金支払いが増加し、主力の自動車保険の市場縮小が見込まれるなど経営環境が激変しており、世代交代で対応を図る。金杉恭三取締役(63)=あいおいニッセイ同和損害保険社長=は、新設する副会長に就任する。これらの人事は6月の株主総会を経て正式決定する。【三上剛輝】

原典之氏(はら・のりゆき)

 東大卒。78年大正海上火災保険(現三井住友海上火災保険)。三井住友海上火災取締役を経て、16年に同社社長と持ち株会社のMS&ADHD取締役。長野県出身。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  2. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  3. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

  4. 霞が関OBもカンカン…検事長の定年延長 語られぬ「条文第2項」の衝撃

  5. 確定申告の期間延長へ 政府 申告集中避ける狙い 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです