メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「栽培してもうける」大麻所持容疑の高校生逮捕 家族に告げ、父親が110番 奈良

奈良県警=中津成美撮影

[PR]

 奈良県警奈良西署は9日、いずれも奈良市内に住む私立高1年と公立高1年の男子生徒(ともに16歳)の2人を大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕した。うち公立高に通う生徒が自宅で大麻を栽培することを家族に告げ、注意した父親が8日夜に110番したことで発覚した。

 逮捕容疑は公立高生が7日、私立高生が9日にそれぞれ自宅で乾燥大麻を所持したとされる。同署は計5グラム以上の大麻を押収した。

 同署によると、2人は友人で、公立高生の自宅にはプランターや照明装置などがあり、生徒は家族に「これから栽培してもうけようと思う」などと話した。私立高生は大麻の種も所持し、「インターネットやツイッター、大阪の売人を通じて買った」と話しているという。【稲生陽】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「午前2時半、真っ暗の画面が一瞬小さく光り…」首里城火災の監視カメラ映像初公開

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです