特集

検証・安倍政権

7年8カ月余りにわたった第2次安倍晋三政権が幕を閉じました。数々の疑惑、課題が残されたままです。

特集一覧

ゴーン被告逃亡でも「積極保釈」変えず 収賄否認の秋元議員、異例の早期保釈

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
秋元司被告=川田雅浩撮影
秋元司被告=川田雅浩撮影

 収賄罪で3日に追起訴された衆院議員、秋元司被告(48)の保釈が10日、東京地裁に認められた。現職国会議員の影響力は大きく、被告が否認している贈収賄事件ではこれまで、事件関係者への働き掛けの可能性も考慮して保釈の可否は慎重に判断されてきた。日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)が保釈中に国外逃亡し、保釈制度の弱点が指摘される中、裁判所が保釈を積極的に認める流れは変えない姿勢を改めて示した形だ。

 国会議員の保釈を巡る判断は、被告の認否や証拠の複雑さによって異なってきた。

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文851文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【検証・安倍政権】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集