メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港と台湾ではクルーズ船から全乗客が下船 「感染者いなかった」

新型コロナウイルスによる肺炎の検疫のため香港の港に停泊している大型クルーズ船「ワールドドリーム」=2020年2月9日、AP

 新型肺炎の検疫のため香港で足止めされていた大型クルーズ船「ワールドドリーム」と、台湾にとどまっていた「スーパースター・アクエリアス」でそれぞれ衛生当局による検疫が9日までに終了した。いずれも感染者がいなかったとして全乗客が下船した。

 香港紙によると、中国南部・広州を起点にベトナムを周遊したワールドドリームでは、1月下旬に下船した中国人8人の感染が確認され、乗員にも感染の恐れがあった。5日に香港に寄港後、香港の衛…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  2. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  5. オリックス・竹安が新型コロナ陽性 1軍の活動には影響なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです