メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弁護団、西山さんの自白は「男性刑事が差し入れなどで“恋愛感情”を利用」と指摘

西山美香さんの供述の変遷

 滋賀県の湖東記念病院で2003年に男性患者を殺害したとして、殺人罪で懲役12年が確定し服役した元看護助手の西山美香さん(40)の再審(やり直しの裁判)の第2回公判が10日、大津地裁(大西直樹裁判長)であった。検察側は論告で求刑せず、弁護側は改めて無罪を主張し、結審した。3月31日の判決公判で、無罪が言い渡されることが確実になった。

 懲役12年を科した確定判決が、西山美香さんの捜査段階の自白を「犯人しか知り得ない事実を語っている」と評価して有罪の根拠としたのに対し、裁判のやり直しを決めた大阪高裁決定は「自らの体験を供述しているのか疑わしい」と指摘した。3日の初公判で西山さんは、刑事から飲食を提供されるなど不当な取り調べがあったと話した。大津地裁は自白を記した調書を証拠採用するかは「判決で判断する」としており、判決が注目される…

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文1090文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  4. 大阪・吉村知事がうがい薬の使用呼び掛け、メーカー株価急騰

  5. ORICON NEWS シャア役・池田秀一、体調不良で『ガンプラ』特番のナレーション変更 アムロ役・古谷徹に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです