メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西山さん無罪確実に 検察は謝罪の言葉なく 滋賀・患者死亡の再審結審

再審結審後、記者会見する西山美香さん(右)=大津市で2020年2月10日午前11時33分、小松雄介撮影

 滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年、入院中の男性患者(当時72歳)の人工呼吸器を外して殺害したとして、殺人罪で懲役12年が確定し服役した元看護助手の西山美香さん(40)の再審(やり直しの裁判)の第2回公判が10日、大津地裁(大西直樹裁判長)であった。検察側は論告で「証拠に基づき、裁判所に適切な判断を求める」と述べ、求刑しなかった。弁護側は最終弁論で改めて無罪を主張し、結審した。

 3月31日に開かれる判決公判で、西山さんに無罪が言い渡されることが確実になった。

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 独自大会初戦負け 加藤学園・肥沼、初心回帰「なめた投球」反省 センバツ交流試合

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです