メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『ブードゥーラウンジ』鹿子裕文・著

◆『ブードゥーラウンジ』鹿子裕文・著(ナナロク社/税別1800円)

 何やってんだかわからない人が集う場所は、俗にヤバい場所と言われがちだが、どうして、そんな人が集っていられる場所はあれこれ豊かに決まってる、と考え方を変えられないのだろう。私はあなたと同じですか、君と僕は仲良くなれますよね、と偽りの同意ばかり繰り返して窮屈になっている日々を、ビリビリに破ってくれる本がこれだ。

 福岡・北天神にあるライブハウス「ブードゥーラウンジ」に集う人々の群像をすみずみまでほじくり出す。有名な人なんて誰も出てこない。よくわからない人が、よくわからない人と音を鳴らしている。で、誰かが叫んで、誰かが泣いている。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. アゼルバイジャンとアルメニアが軍事衝突 双方に民間人を含む死傷者

  3. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  4. J1川崎7連勝 果敢に攻める小林、高打点ヘディングシュート決める「もっと点を」

  5. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです