メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

開沼 博・評『ヤバい医学部 なぜ最強学部であり続けるのか』上昌広・著

◆『ヤバい医学部 なぜ最強学部であり続けるのか』上昌広・著(日本評論社/税別1500円)

 「医者が足りない」「病院側がキャパオーバーで救急車がたらい回しになっている」などという話はよく聞く。それならば、医者を増やせばいいんじゃないか。将来の人口の増減予想なんてかなり正確にできるわけだから、早いうちに対策をとっていれば対応できていたんじゃないか。なんでそうせずに「大変だ、大変だ」と騒いでいるのか、さっぱりわからない。

 なにかの機会に医療者と話した際、そんな“素朴な疑問”をぶつけてみたことは何度もあって、その都度「既に人口は減りはじめていて、そう遠くない未来に高齢者も減り始めるから増やせない」「命を扱う以上、『医療の質は下がるかもしれないが、とにかく頭数を増やせばいい』というわけにはいかない」などと、一定程度納得できる答えは返ってくる。ただ、どの答えも「とはいえ……」と思うところもあり、何か素人にはうかがい知る…

この記事は有料記事です。

残り1090文字(全文1499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. ORICON NEWS 『バイオハザード』新作アニメ制作決定、Netflixで来年配信 フル3DCGで初の連続CGドラマ化

  3. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  4. アゼルバイジャンとアルメニアが軍事衝突 双方に民間人を含む死傷者

  5. 新型コロナ、感染しやすさに地域・民族差なし 遺伝子レベル分析 北大研究チーム

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです