メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

芸能生活55周年 休まないで歩き続けてきた“チータ”の軌跡

「サワコの朝」に登場する水前寺清子さん(右)=MBS提供

[PR]

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、2月15日午前7時半~8時のゲストは、歌手の水前寺清子さん。

 デビューしたのは、前回の東京五輪が行われた1964年。人々が勢いと活気であふれたその年に、19歳で歌手人生のスタートを切った。

 粋な着流し姿が話題を呼び一躍人気者になると、名曲「三百六十五歩のマーチ」は、100万枚を超える大ヒットを記録。数々の賞を受賞したこの曲は、水前寺さんの代表曲になった。

 しかし、初めてこの曲を聴いた時には「どこの運動会の歌?えっ!私!?嫌です!」と、着流し姿で演歌を歌ってきた水前寺さんにとって、行進曲のようなこの曲は、受け入れ難いものだったという。「水前寺清子はこれで終わりだと思った」と言う水前寺さんが、曲を歌うまでに至る経緯を語ってくれた。

 そんな水前寺さんは、今年で芸能生活55周年。ファンへの感謝を込めて「ありがとう55年」と題した全国無料ライブツアーを敢行している。「つらいと思っても皆さんの声援で元気になれる」「色々な方に“愛”をもらってきた」と話し、ライブ映像と共に長きに渡る歌手人生をサワコと振り返る。

 また、過去には女優としてドラマに出演した水前寺さんが、山岡久乃さんとの名コンビで人気を博したドラマ「ありがとう」にまつわる秘話や、当時“恋人”だと噂された石坂浩二さんとの関係を告白。「一度だけデートを……」と話し始めた水前寺さん。当時の噂の真相は!?

 歌で人々を元気にしてきた日本の応援団長“チータ”の知られざる胸の内にサワコが迫る。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 雪まつりスタッフも感染 北海道5例目、「市中感染」する段階に 新型肺炎

  2. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  3. 橋本五輪相 聖火リレー「体調不良の方は沿道来ないで」 新型肺炎

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. WHO「致死率を考慮すると想定内」 クルーズ船2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです