メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香山リカのココロの万華鏡

アイヌ舞踊、世界の人に /東京

 ウポポイ。

 この単語を聞いて、「ああ、あれね」とすぐわかる人はそれほど多くないかもしれない。「ウポポイ」とは、4月24日に北海道白老町でオープンを予定しているアイヌ文化復興の拠点「民族共生象徴空間」の愛称だ。アイヌ語で「(おおぜいで)歌うこと」を意味するという。

 広大な敷地には、国立アイヌ民族博物館やアイヌ舞踊を見たり文化プログラムを体験できたりする公園、そして世を去ったアイヌ民族の慰霊を目的とする施設もある。北海道出身の私は、「ウポポイ」に行くのをとても楽しみにしている。

 また、北海道を本拠とするプロ野球球団の北海道日本ハムファイターズは、春の一定期間、アイヌ文様をモチーフとした限定ユニホームを着用することになった。北海道遺産であるアイヌ文様を用いて、チームとファンそして北海道が一丸となることを表現したというユニホームは、独特の迫力がある魅力的なものだ。

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文963文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 東京マラソン「大規模イベントに当たらない」 日本陸連、予定通り開催

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです