メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第31回読書感想画コンクール 20点が中央審査へ /愛知

「いち、にの、さん、ふーっ!」堀内海翔(長久手市立北小1)

 読書から得た感動を絵画で表現する第31回読書感想画県コンクール(毎日新聞社、県学校図書館研究会主催)と同名古屋市コンクール(毎日新聞社、名古屋市学校図書館研究会主催)の入賞者が決まった。県は小学校低学年、同高学年、中学校、高校、特別支援学校の各部門に計588校から17万2488点が寄せられ、名古屋市は小学校・中学校284校から9万5620点の応募があった。優秀賞(県コン)や優秀賞一席(市コン)など20点が中央コンクールへ出展された。上位優秀作品を紹介する。(敬称略)

この記事は有料記事です。

残り2965文字(全文3201文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです