メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダブルケアの悩み、話して 17日、岐阜で「カフェ」初開催 名古屋の支援団体 /愛知

支援団体が2019年7月に名古屋市内で開いたダブルケアカフェ。リラックスした雰囲気の中、担い手たちが経験を語り合った

 子育てと親の介護を同時に担うダブルケアの担い手が息抜きできる場として名古屋市の支援団体が実施している「ダブルケアカフェ」が17日午前10時~11時半、岐阜市橋本町1のじゅうろくプラザ5階和会議室で開かれる。この支援団体が岐阜市内で開催するのは初めてで、「将来の親の介護を考える子育て世代も参加してほしい」と呼びかけている。【加藤沙波】

 カフェを開くのは、名古屋市の支援団体「ダブルケアパートナー」と、研究プロジェクトを展開する名古屋学院大(同市熱田区)。ダブルケアの担い手たちは、ママ友には介護について話しづらかったりし、気持ちを吐き出せずに追い詰められるケ…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです