メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダブルケアの悩み、話して 17日、岐阜で「カフェ」初開催 名古屋の支援団体 /愛知

支援団体が2019年7月に名古屋市内で開いたダブルケアカフェ。リラックスした雰囲気の中、担い手たちが経験を語り合った

 子育てと親の介護を同時に担うダブルケアの担い手が息抜きできる場として名古屋市の支援団体が実施している「ダブルケアカフェ」が17日午前10時~11時半、岐阜市橋本町1のじゅうろくプラザ5階和会議室で開かれる。この支援団体が岐阜市内で開催するのは初めてで、「将来の親の介護を考える子育て世代も参加してほしい」と呼びかけている。【加藤沙波】

 カフェを開くのは、名古屋市の支援団体「ダブルケアパートナー」と、研究プロジェクトを展開する名古屋学院大(同市熱田区)。ダブルケアの担い手たちは、ママ友には介護について話しづらかったりし、気持ちを吐き出せずに追い詰められるケ…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです