メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆黒を照らす

/90 同性愛者処刑繰り返したIS  「神の代理人」名乗り住民統治 /大阪

同性愛者が突き落とされた建物で当時の様子を説明する青年=シリア・ラッカで2019年10月撮影

 シリアを流れるユーフラテス川沿いの都市、ラッカ。ここはかつて過激派組織イスラム国(IS)の拠点だった。5年前、ISがこの町から公開した写真が世界を震撼させた。目隠しをされた一人の男性が、高い建物から突き落とされる。「同性愛者の公開処刑」の瞬間だ。

 昨年、私はこの処刑現場を取材した。建物はラッカ中心部のテルアビヤッド通りに面した一角に位置し、県庁舎や裁判所に近く、人通りも多い。男性が投げ落とされた建物の上階はのちに空爆で破壊され、1階部分の商店だけが残っていた。

 当時、処刑を目撃した近所の20代の青年は話す。

この記事は有料記事です。

残り1037文字(全文1294文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  2. 北九州市で新たに26人感染確認 市長「第2波のまっただ中」 新型コロナ

  3. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  4. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  5. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです