セルビアの障害者支援へ いこま福祉会、たばこ空き箱で手すき和紙 生駒 /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
小紫市長と歓談する生駒で研修中のセルビア人スタッフら=生駒市役所で、熊谷仁志撮影
小紫市長と歓談する生駒で研修中のセルビア人スタッフら=生駒市役所で、熊谷仁志撮影

 生駒市壱分町の社会福祉法人「いこま福祉会」(関谷多摩恵理事長)が、セルビアで知的障害者の自立支援の手助けをすることになった。たばこの空き箱で手すき和紙を作る事業提案が、国際協力機構(JICA)の「草の根技術協力事業」(1月から2年間)に採択された。生駒で研修中のセルビア人スタッフ3人らが4日、市役所に小紫雅史市長を訪問し、…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集