メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR予土、予讃線ダイヤ 住民団体、改正撤回申し入れ /愛媛

申し入れ書を読み上げる徳本義則事務局長(右)=松山市南江戸1のJR松山駅で、遠藤龍撮影

 JR四国の3月のダイヤ改正で、県内では予讃線、予土線の普通列車計9本の運行が取りやめとなることを受け、住民団体「予土線を守る実行委員会」が、JR四国にダイヤ改正の撤回を求める申し入れ書を提出した。

 申し入れはJR松山駅で6日にあった。集まった実行委のメンバー13人を代表し、徳本義則事務局長(68)…

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  5. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです