メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火災13件、過去33年で最少 昨年の行橋市火災・救急統計 草焼き飛び火事例ゼロ /福岡

 行橋市消防本部は2019年の火災・救急の統計(速報値)を発表した。火災発生件数は13件(18年25件)で、1987年以降の33年間で最少となった。内訳は建物9件、車両2件、その他2件。火災による死者はゼロ(18年2人)だった。

 18年は草焼きバーナーからの飛び火で建物や枯れ草を焼いた事例が計5件があったが19年はゼロ。大池助…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに130人以上感染 累計1000人超え 新型コロナ

  2. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  3. 「要請」なのに罰則? ドイツから帰国した研究者が日本の「水際対策」に感じた違和感

  4. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  5. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです