メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

新型肺炎 休業明け、動けぬ中国

通勤時間帯の地下鉄駅構内。普段は人でごった返すが、この日は人がほとんどいなかった=北京市内で10日朝、赤間清広撮影

 新型コロナウイルスによる肺炎拡大が深刻化する中国で10日、湖北省など一部地域を除き企業の休業規制が解除され、中国経済が再び動き出した。だが、感染拡大を防ぐための移動制限もあり工場などの操業再開は遅れており、中国経済の本格稼働にはしばらく時間がかかる見通し。また、サプライチェーン(部品供給網)の混乱で日産自動車が日本国内の工場の一時生産停止に追い込まれるなど、影響は日本にも広がっている。【赤間清広、浦松丈二(北京)、小坂剛志】

この記事は有料記事です。

残り2951文字(全文3166文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  4. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  5. 北海道、新型コロナ感染者の国籍・職業公表へ 情報原則公開方針転換

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです