メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鮮度証明で輸出拡大 ブロックチェーン活用

中国のすし店に届けられたブリ=NTTデータ提供

 三菱ケミカルとNTTデータは、ブロックチェーン技術を活用して日本の農水産物の価値を証明する取り組みを進めている。輸送中の魚の温度管理などをスマートフォンで確認できるシステムを開発。生産者が「鮮度の良さ」などを売りにして、輸出を拡大することが期待される。【高橋祐貴】

アジア向け養殖ブリ

 両社はアジア向けに海産物を輸出する「尾鷲物産」(三重県尾鷲市)とタッグを組み、国の補助事業として2019年11月に実証実験を始めた。

 尾鷲物産が水揚げした養殖ブリを、保冷剤とともに発泡スチロール箱に詰め、箱の中に温度を測定する記録計(ロガー)を設置。5度前後の低温を維持して飛行機やトラックで運ぶが、その間の箱の中の温度データは、常にロガーからインターネットを通じてクラウド上の情報システムに送られる。

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1218文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです