連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

新型感染症と世界の金融市場=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 中国の武漢市発の新型コロナウイルスは、間違いなく世界の金融情勢に影響を及ぼした。それを端的に示すのが各国での長期債市場だ。先行きが読みにくくなれば、とりあえず国債買いに走るのが投資家の常とう手段だ。米国の債券市場の動きをまず見よう。

 昨年夏には10年物国債金利は1・5%を割り込んだが、年末にかけて米国景気の堅調を好感し、リスクのほどほど高い金融商品への買いが進み、国債は売られがちで、年末には1・9%強の利回りとなった。しかし、新型コロナウイルスの容易ならざる動向で、1月の最終週に国債利回りは1・5%まで低下(国債価格は高騰)した。長短金利はまた昨年夏場までの逆転状態に戻っ…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文725文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集