メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オシント新時代

ベリングキャットの衝撃/下 調査報道と融合、ウソ暴く 外部と協力「クラウド」力に

ベリングキャットを創設したエリオット・ヒギンスさん=英中部レスターで2019年10月、八田浩輔撮影

 インテリジェンス(諜報(ちょうほう))の現場がインターネットに移行しつつある中、調査報道のあり方も変化を迫られている。デジタル時代の新しい報道を模索するテレビや新聞などのオールドメディアには、ネット上の画像分析などにたけたオープンソース調査の専門家を採用したり、外部との連携を深めたりする動きがある。

 イランの首都テヘラン近郊で、今年1月8日にウクライナ旅客機が撃墜された事件では、独立系の調査グループ「ベリングキャット」と米紙ニューヨーク・タイムズが連携したオープンソース調査がいち早く経緯の一端を明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り2166文字(全文2424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  3. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  4. 萩生田文科相「臨時休校の期間や方法、学校設置者で工夫を」 新型肺炎

  5. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです