特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

頂点への道

侍J候補の現在地 先発投手 菅野、進化へ新投法/千賀、我慢の調整

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
腕から先に始動する新フォームで投げ込む巨人・菅野
腕から先に始動する新フォームで投げ込む巨人・菅野

菅野、進化へ新投法

 巨人の菅野智之(30)が、新たな投球フォームの習得に取り組んでいる。腕を先に動かし始めて、グラブを右肩付近まで持っていったところで、左足を上げる。腕から始動することで「バランスがよくなる」。

 ブルペンでは力のこもった直球に加え、キレが増したフォークやスライダー、カーブなど変化球にも手応えを感じている。「まだ試行錯誤の段階」と慎重だが、「全球種、違和感なく投げられている」と表情は明るい。

 「あまり振り返りたくない」という2019年シーズンは、腰痛に苦しみ11勝に終わった。年齢を重ねて、体の変化を実感。オフには筋力トレーニングの負荷を上げる一方で、柔軟性を意識した体作りをしてきた。「以前の状態を求めても仕方ない。ただ進化することはできる」。7年間で87勝を積み上げた「日本のエース」は変化を恐れない。

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文885文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集