メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの ロンドン「五輪と同格」=越智貴雄

2012年ロンドン・パラリンピックで満員となったスタジアム。車いす陸上のレースでは先頭の選手の動きに合わせて、ウエーブが起こり続けた。大人も子供も楽しそうだ=写真家・越智貴雄さん撮影

 <ともに生きる。ともに輝く。>

 パラリンピックが大きく注目される機会となったのは、2012年のロンドン・パラリンピック。どの会場も人であふれかえり、競技会場周辺では、チケットを売ってほしいと表示されたプラカードを持った人たちもたくさん見かけた。

 その盛り上げに一役買ったのが、英国のテレビ局「チャンネル4」。大会を生放送するのはもちろん、選手や競技を題材にした情報・バラエティー番組など、朝から夜までパラリンピック関連の番組が放送されていた。なかでもCMは印象的だった。事故や戦争で負傷するセンセーショナルなシーン、アスリートが躍動する姿などをリズミカルに描写していた。

 チャンネル4の関係者から興味深い話を聞いた。「人々が歴史上どのように障害を見てきたかといえば『哀れみ』と『恐れ』。恐れは無意識層の中で『自分にも起きうるもの』と人は恐れてしまう。またヒーロー映画などにおける悪役は、障害があるとか弱者であるという設定が多く、社会に対する怒りを抱え、それをぶつけようとするかのように描かれている。私たちは、別の見方があるということを伝えたかった」。ロンドン大会成功の理…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです