メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポ×メディア 国内唯一のNPO パラフォト

パラフォトは視覚障害者も構図が分かる凹凸のある図を用意した写真展を開催している

 <ともに生きる。ともに輝く。>

 パラリンピックをはじめとした国内外の大会を取材し、写真や記事を公開するインターネットメディア「パラフォト(http://www.paraphoto.org)」は、パラスポーツに関する国内唯一のNPO(非営利組織)メディアとされる。2001年設立のNPO法人「国際障害者スポーツ写真連絡協議会」が運営し、フリーランスの写真家やライターらが活躍してきた老舗である。

 活動のきっかけは1998年長野冬季パラリンピック。アルペンスキー選手の取材経験などがある同協議会代表の佐々木延江さん(49)は、長野大会を通じてパラスポーツに感銘を受けた。一方で長野大会後、世間の関心が薄れ、選手強化を含む競技環境が悪化したことも知った。周囲の助言もあり、社会のパラスポーツや障害者への理解を深めるために取材をスタート。パラフォトは00年シドニー夏季大会から18年平昌冬季大会まで、…

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 志賀直哉の旧居、3月末閉館へ 文学記念室も 入館者減少で 尾道 /広島

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです