メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者熱狂サンダース氏、躍進ブティジェッジ氏が激突 米民主ニューハンプシャー州予備選

 11月の米大統領選に向けた民主党候補指名争い第2ラウンド、東部ニューハンプシャー州の予備選は11日、投票が始まった。初戦アイオワで先行したバーニー・サンダース上院議員(78)とピート・ブティジェッジ前サウスベンド市長(38)の両候補が優勢に戦いを進める。だが、予備選に参加できる無党派層の動向や投票率など変動要因が多く、勝敗の行方は混沌(こんとん)としている。

 州北部の3集落で午前0時(日本時間11日午後2時)から投票が実施された。その他の300カ所を超える投票所でも朝から順次投票が始まり、同日深夜(同12日昼ごろ)に大勢が判明する見通し。

この記事は有料記事です。

残り2167文字(全文2440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです