北海道の宿泊税 「1泊100円」軸に検討へ 有識者懇

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北海道庁=石川直人撮影
北海道庁=石川直人撮影

 北海道が導入を検討している観光振興税(宿泊税)について、道の有識者懇談会(座長、石井吉春・北海道大公共政策大学院客員教授)は10日、道が宿泊客から1人1泊100円を徴収し、その上で市町村がさらに徴収する方式を軸に制度設計していく方針を固めた。道は今後、道議会での議論を踏まえ、導入するかを決める。

 道はこれまで、市町村も宿泊税を導入する二重課税になる場合を想定。①道税は200円とし、市町村が宿泊税を導入する場合は道税100円、市町村税100円に②道税は200円とし、市町村が宿泊税を…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文608文字)

あわせて読みたい

ニュース特集