国内最古「カメ」の化石発見 徳島の白亜紀前期地層で 福井県立恐竜博物館など調査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「右第9縁板骨」の化石
「右第9縁板骨」の化石

 福井県立恐竜博物館(勝山市)は10日、徳島県勝浦町にある白亜紀前期(約1億3000万年前)の地層から国内最古となるスッポンモドキ科のカメの化石の一部を発見したと発表した。徳島県立博物館(徳島市)と共同で2016年から発掘調査していた。これまでは勝山市で見つかった約1億2000万年前の化石が最古とされていた。【大原翔】

 今回見つかった化石は、右後ろ脚の付け根付近の「右下腹甲」と、背中の甲羅の右後ろに位置する「右第9縁板骨」の2点。大きさは腹甲が縦1・3センチ、横2・5センチ、縁板骨が縦横9ミリ。大きさから、甲羅の全長は約9センチと推定されるという。腹甲は18年2月、縁板骨は同年12月にいずれも勝浦町の地層「立川層」で見つかった。

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文601文字)

あわせて読みたい

注目の特集