メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国内最古「カメ」の化石発見 徳島の白亜紀前期地層で 福井県立恐竜博物館など調査

「右第9縁板骨」の化石

 福井県立恐竜博物館(勝山市)は10日、徳島県勝浦町にある白亜紀前期(約1億3000万年前)の地層から国内最古となるスッポンモドキ科のカメの化石の一部を発見したと発表した。徳島県立博物館(徳島市)と共同で2016年から発掘調査していた。これまでは勝山市で見つかった約1億2000万年前の化石が最古とされていた。【大原翔】

 今回見つかった化石は、右後ろ脚の付け根付近の「右下腹甲」と、背中の甲羅の右後ろに位置する「右第9縁板骨」の2点。大きさは腹甲が縦1・3センチ、横2・5センチ、縁板骨が縦横9ミリ。大きさから、甲羅の全長は約9センチと推定されるという。腹甲は18年2月、縁板骨は同年12月にいずれも勝浦町の地層「立川層」で見つかった。

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃える 馬4頭取り残され、3人病院搬送 滋賀

  3. 愛知で新たに88人感染 名古屋市は50人

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 沖縄知事 国にコロナ水際対策強化要望 航空便搭乗前にPCR検査求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです