メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

生きづらさの時代に伝説のシンガー森田童子を映画にする意味 高橋伴明監督に聞く

森田童子さん=1976年12月4日撮影

 1970年代~80年代前半、若者の「心の叫び」を歌にした伝説のシンガー・ソングライター森田童子が、2018年に亡くなって2年。童子に影響を受けた当時の若者が、童子の世界をオリジナル短編映画で現代の若者に伝える企画を立ち上げた。若き日に童子に会ったことのある高橋伴明監督がメガホンを取り、今年4月の童子の三回忌に合わせて公開する。タイトルは「夜想忌」(やそうき)。高橋監督に聞いた。【油井雅和】

 --小さな顔でカーリーヘアにサングラス。でも声はか細い女性。学生運動を知らない世代にとっては、森田童子を最初に聞いた時、ちょっと暗い、でも強烈なインパクトがありました。ドラマ「高校教師」のテーマ曲となった「ぼくたちの失敗」で彼女を初めて知った人も少なくありません。童子は、歌の中でも、自分は静かに消えていきたい、といった詩を残しています。でも、監督を含めて当時影響を受けた人にとっては、消えるどころか、こだわりたいという思いがあるようです。それはなぜでしょう。

 監督 暗いとおっしゃったけど、私が初めて曲に出会った時は、自分がすごい暗い気分だったんです。1972年に監督デビューしてるんですけど、(人間関係で)すごく嫌な思いをして、しばらく映画の現場を離れてシナリオとか書いていた。スポニチに書いたり、毎日小学生新聞に書いたり、シナリオを書いたりしてたんです。その頃、森田童子の歌が、すっと入ってきたんです。当時、エッセーに、「いつか映画で童子の歌を使いたい」…

この記事は有料記事です。

残り2481文字(全文3109文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜と長野に大雨特別警報 レベル5、最大級の警戒を

  2. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  3. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  4. 大宮・南銀のキャバクラ全従業員にPCR検査へ 100軒が対象 さいたま市

  5. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです