連載

エンタメノート

お笑い、大衆芸能、放送などエンタメ全般を取材してきた、油井雅和記者が「舞台裏」をつづります。

連載一覧

エンタメノート

生きづらさの時代に伝説のシンガー森田童子を映画にする意味 高橋伴明監督に聞く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
森田童子さん=1976年12月4日撮影
森田童子さん=1976年12月4日撮影

 1970年代~80年代前半、若者の「心の叫び」を歌にした伝説のシンガー・ソングライター森田童子が、2018年に亡くなって2年。童子に影響を受けた当時の若者が、童子の世界をオリジナル短編映画で現代の若者に伝える企画を立ち上げた。若き日に童子に会ったことのある高橋伴明監督がメガホンを取り、今年4月の童子の三回忌に合わせて公開する。タイトルは「夜想忌」(やそうき)。高橋監督に聞いた。【油井雅和】

この記事は有料記事です。

残り2912文字(全文3109文字)

あわせて読みたい

注目の特集