メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感染可能性低い高齢者の早期下船に向け調整 新型肺炎 厚労省

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で2015年10月14日午前9時6分、竹内紀臣撮影

 厚生労働省は11日、中国湖北省武漢市から政府チャーター機で帰国した40~50代の日本人男性2人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。一方、感染者が出て横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」(乗員乗客3711人)について、感染の可能性が低い高齢の乗客らを早期に下船させる方向で調整している。

 50代男性は1月29日の第1便、40代男性は翌30日の第2便で帰国直後のウイルス検査でいずれも陰性だったが、後に発熱し、再検査で陽性となった。帰国してから入院するまでの間、50代男性は千葉県勝浦市の「勝浦ホテル三日月」、40代男性は埼玉県内の自宅に滞在していた。クルーズ船を除く国内感染者は無症状の3人を含め28人になった。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都の感染者が新たに118人 初の3桁 新型コロナ

  2. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. C.W.ニコルさん死去 作家・ナチュラリスト 79歳

  5. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです