メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

即位礼の「高御座」が京都御所に 3月1日から一般公開

京都御所に到着した、「高御座」のパーツなどを載せたトラック=11日午後、京都市

 昨年10月の「即位礼正殿の儀」で、天皇陛下が即位を宣言した際に立たれた玉座「高御座」が11日、皇居から京都御所(京都市)に陸路で搬送された。皇后さまが立った「御帳台」も一緒に運ばれ、京都御所で3月1~22日、正殿の儀で使用した道具や装束とともに一般公開される。

 高御座は遅くとも奈良時代から即位の儀式で使用されていたとされ、現在のものは大正以降の儀式で使われた。京都御所で保管されていたが、2018年9月に皇居に運ばれ、修復された。

 正殿の儀が終わった後、上野の東京国立博物館で今年1月19日まで一般公開された。今後は京都御所に置かれる。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです