メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤクルト高津監督「またぼやいてほしかった」 野村克也さん死去

野村克也さんの訃報を受け、取材に応じながら涙をぬぐうヤクルトの高津臣吾監督=沖縄県浦添市のANA BALLPARK浦添で2020年2月11日午後1時24分、中村有花撮影

 プロ野球の選手、監督として多くの実績を残した野村克也さんが11日に死去したことを受け、現役時代に野村さんの指揮下でプレーしたヤクルトの高津臣吾監督は、同日午後にキャンプ地の沖縄・ANA BALLPARK浦添で報道陣の取材に応じ、「またぼやいてほしかったし、まだまだ教わることはたくさんあった」と涙を流し、言葉を詰まらせた。

 高津監督は野村さんに抑えとして抜てきされ、4度の最優秀救援投手のタイトルを獲得。1990年代のヤクルトの黄金期の一翼を担った。抑えになってからは一度も厳しく怒られたことはなく、「難しさ、苦しさを感じていたのかもしれないが、『抑えにして悪かったな』ということばかり言われた」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  4. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  5. こんにちは、赤ちゃんチーター 兵庫・姫路セントラルパークで一般公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです