メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

甲子園ボウル2年連続30回目V 関学大が祝賀会

握手する鳥内秀晃前監督(左)と大村和輝新監督=大阪市北区のホテルで2020年2月11日午後8時15分、丹下友紀子撮影

[PR]

 2019年12月にあったアメリカンフットボールの全日本大学選手権決勝・毎日甲子園ボウルで2年連続30回目の優勝を果たした関学大が11日、大阪市内のホテルで優勝祝賀会を開催した。

 同ボウルで12回の優勝に導き、今年1月で28年間務めた監督を勇退した鳥内秀晃前監督(61)は「勝ったり負けたりいろいろあったが、28年間あっという間だった」と振り返り、後任の大村和輝新監督(48)に「頼むで」とバトンを渡した。大村監督は「(今年は)例年以上に厳しいシーズンになる。日本一に向けて選手がやると決めたら、全力で応援していく」とあいさつし、鳥内前監督と握手した。【丹下友紀子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 安倍首相要請、3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 大阪市立小中・幼稚園、2週間臨時休校 卒業式は短縮、参加人数制限し実施

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです