メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

科学 新型肺炎疑い 日本人死亡

7日には中国・武漢から到着したチャーター機第4便が羽田空港に到着しました

[PR]

 新型しんがたコロナウイルスの感染かんせんひろがっている中国ちゅうごく湖北省こほくしょう武漢市ぶかんしで、おも肺炎はいえん入院にゅういんしていた60だい日本人男性にっぽんじんだんせいくなりました。外務省がいむしょうが8ようか発表はっぴょうしました。新型しんがたコロナウイルスによる肺炎はいえんうたがわれる日本人にっぽんじん死亡しぼう確認かくにんされるのははじめてです。

 男性だんせいは1がつ16にちねつて、22にちから入院にゅういんしていました。武漢市ぶかんしでは、医療いりょうにたずさわるひと物資ぶっし不足ふそくし、おおくの患者かんじゃ十分じゅうぶん医療いりょうけられていないといわれています。感染者かんせんしゃのうちくなるひと割合わりあいが、中国ちゅうごく全土ぜんどよりもたかくなっています。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

  5. 国家安全法制、香港で反対デモ 「1国2制度の崩壊」 移住検討、急増

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです